2017年05月23日

緊急!常熟焼きそば選手権〜

 今年もやってきた! 

  恒例の第1回全常熟焼きそば選手権が! (その言い方なんとかならんのか)

  今年は华府世家を代表する4つの日本料理屋がエントリー

  先週末から金土日月、4日連続焼きそば食べた私です。

 まずは深夜食堂。(华府世家を代表するとはとても思えんが。)

IMG_6856深食.JPG

 相変わらず写真うつりの悪いやつじゃ。

   店の薄暗さが気に入ってはいるのだが…

   かつお節かけすぎか。

 続いて华府世家代表への道をひた走るタンポポちゃんこと蒲公英

IMG_6862タンポポ.JPG

  深夜食堂と対照的。ルックスは抜群!いいね!

  しかしすこしべっちょり。焼きそばとしてはもう少し焼いてほしい。

 そして味蔵。

IMG_6854味蔵.JPG

 キャベツの海にそばが泳ぐ。

   独自のコストダウン路線をゆく。

 そして本命 増家

IMG_6859増家.JPG

 オーソドックスなお味。具のバランスも良い。

 短期決戦

   優勝は?

   優勝は?



 味蔵!!

  なんでやねん

 実は健康診断で尿酸値が高かった私。

  ほっとくと痛風なるよ!と言われて。(こういう人中国単身赴任の人に多いっしょ。)

 キャベツを食べると尿酸値下がるとネットで見たので

  キャベツといえば焼きそば?
  そうだ焼きそば食べよう!

  そしてキャベツの異常な多さで味蔵が勝ちを拾った。

  いや、この思考の浅さはどうかと思うぞ…

 とりあえず一つ単語覚えよう。


170523-s5.png

   




 中国単身赴任。気をつけよう!悪玉コレステロールに尿酸値。

        
posted by ともぞう at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

赤と緑のにくいヤツ!

  この日が来るのを待っていたー。

 いつも蘇州とか行くと

  ファミマ(全家)に駆け込む私。
  そしてわずかながらも日本の香りのするコンビニ弁当をむさぼる私。

 常熟にいると、ファミマに入った時のあの間抜けなメロディーさえ憧れの対象となるのだよ。

 常熟にファミマがきたわけではないんですが…

   あの常客隆(ちゃんころん)が進化をとげそう!

 ほらほらこいつが新しいちゃんころん(南門大街店)

CIMG1337.JPG

 おしゃれー!おしゃれー!

    おしゃれー!おしゃれー! (何度もいうな)

 中身もすごいぜ

CIMG1338.JPG

 おでんあります。

   その向こうの肉まんも日本式だ!

   手前の定番durexsコンちゃんもなぜか新鮮に映る。

 新しいちゃんころんに超期待です。

CIMG1339.JPG




 5月21日開店!

   君も南門大街へいそげ!

        
posted by ともぞう at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

発表!常熟トイレットオブザイヤー!!

  今年もやってきた!

  恒例となった第1回常熟公衆トイレ大賞の発表の日が!

 みなさんおまちかね。  誰もまっとらん。

  前置きはおいて

  いきなり発表だ!

170517-s1.png



 す、すごい。

 海虞北路长江路。裕坤をさらに北、ボーリング場のある美誠広場の手前の交差点付近にある。

170517-s2.JPG


 選考は難航した。それほど常熟の公衆トイレのレベルは高い。全国的レベルというよりもはや世界レベルと言えよう。そんな中、「第一回の記念すべき大賞ということでやはり奇をてらったデザインのものより、オーソドックスかつ重厚感、つまりトイレとして備えるべき”訪れる者に対して与える安堵感”とでもいうべきものを大切にしたい。」という審査委員長トイレット博士の一声により本作品が選ばれた。


 また、いい加減なこと言ってからに…

 文句のあるひと

 ほかのノミネート作品も見てもらいましょうか。

  おそるべし常熟!

  なんですから


170517-s3.png



 レベル高いでしょ。

   ちゃんと調べたんですから…

170517-s4.png


 そういうこと自慢すな。

 だって… 私は、


170517-s5kai.png

 常熟のトイレット博士


 少年ジャンプか 

   誰もしらんと思うぞ。

        
posted by ともぞう at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする