2016年02月16日

恒例の第一回常熟うどん選手権、優勝の行方は!?

 年越しの長期大会となった恒例の第一回常熟うどん選手権大会

 いよいよ決勝戦だ!

 1回戦が2回ほどあっただけで、いきなり決勝かよ。

   とりあえず頂上対決。 

 先攻は王者”増家”の天ぷらうどん

160216-2.png


 セパレートタイプ。天ぷらは海老天2個、シイタケ、南瓜の4品。これは天ぷらうどんというより、素うどんと天ぷら盛り合わせの二つの料理と言ったほうがいいかも。お味の方は濃厚。食後の満足感はさすが増家である。

 はい、ここでコマーシャル 
 同じく2Fでがんばる”古里”

  とろろうどんで対抗

160216-1.png

 とろろたっぷり。そしてベースとなるうどんだしは中国では珍しいあっさり味。それでいて、おいしく面をいただいた後の、残りのつゆととろろが混然一体となった、どろりん〜としたスープは、天下一品のラーメンスープをあっさり味にしたような極上の味。最後の一滴までおいしくいただける。

勝敗は。
 共に激戦を勝ち抜いてきただけあって(ほんまか?)
  お互いの個性と個性のぶつかり合いは見ごたえがあった。
 個性対決という意味では、優劣つけがたかったが、ここは華府世家の日本料理店で唯一
  とろろうどんのメニューを持つ希少価値と審査委員長の好みが決め手となり
  古里の勝利
 ということで、増家は今回も優勝を逃した。
  総合的には常熟ナンバーワンと噂される増家なるも、個別選手権では、いまだ”無冠の帝王”のジンクス破れずの結果となった。
 優勝の古里”とろろうどん”には海外(大阪!?)遠征の噂もあることを併記しておこう。
        
posted by ともぞう at 10:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする